Cinema! Cinema! Cinema!

ダイスキな映画たち
<< Movie Review: 【グッバイレーニン】 | TOP | Movie Review: 【猟奇的な彼女】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
Movie Review: 【恋は邪魔者】
恋は邪魔者 特別編
恋は邪魔者 特別編

ダイスキなユアンが出ている映画ということと、
キュートな表情がまぶしいレネー・ゼルウィガーが
お相手ということで、とっても楽しみだった映画でした。

予告を観て、ダンスや歌なんかを期待していたんだけど、
ムーランルージュやシカゴのような楽しい歌と踊りが
満載の映画というわけではありませんでした。
ちょこっと残念・・・↓。

60年代の色使いやファッションが目に楽しく、
主人公のふたりが交わす粋な会話が耳に楽しい映画で
あったことは間違いありません!

ふたりの息がピッタリの演技に現代版60年代ラブコメを
思いっきり堪能しました♪
16:53 | コメディー【Movie】 | comments(0) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
16:53 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://sanaxx.jugem.jp/trackback/20
トラックバック
2005/08/12 12:13 AM
原題:Down with Love監督:ペイトン・リード脚本:イヴ・アラート&デニス・ドレイク出演:レニー・ゼルウィガー/ユアン・マクレガー/デヴィッド・ハイド・ピアース/サラ・ポールソン 他2003年アメリカ[ストーリー]1962年。バーバラ・ノヴァク(レニー・ゼルウィガ
シネマdeひとりごと。
2005/08/18 5:47 PM
2003年監督/ペイトン・リード出演/レニー・ゼルウィガー ユアン・マクレガー1962年のニューヨーク。恋よりもキャリアやサクセスをそして恋の代わりにチョコを勧める”恋は邪魔者”という著書がベストセラーになり、新進作家バーバラ・ノヴァク(愛称ビッキー)は一躍
お茶の間オレンジシート