Cinema! Cinema! Cinema!

ダイスキな映画たち
<< Movie Review: 【キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン】 | TOP | Movie Review: 【姉のいた夏、いない夏】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
Movie Review: 【スティル・クレイジー】
スティル・クレイジー
スティル・クレイジー

雨の日の楽しいお部屋ライフに、マイシアターで映画を楽しむ贅沢♡
梅雨のこんな時期に観たい1本をご紹介します!

どこか哀愁があり、笑いもあり、ラフに観れる映画として、
今回は【スティル・クレイジー】をPick Up★

過去の人気ロックバンドが20年経って返り咲きを目指すという
ブリティッシュ・コメディ♪
もちろん当時クールだったメンバーたちも、いまやオッサン(笑)
惨めなシーンすら愛らしく感じてしまう個性派揃いの
オッサンバンドの行く末はいかに・・・!!

【ラブアクチュアリー】にも出演していたビル・ナイが、
バンドのボーカル役で出演しています。
彼の演技って哀愁ありつつ可愛らしいのでとてもダイスキです♡

70年代ブリティッシュ・ロックを聴きながら、
大いに笑える素敵な映画です♪
23:50 | コメディー【Movie】 | comments(2) | trackbacks(3)
スポンサーサイト
23:50 | - | - | -
コメント
TBありがとうございます。
この映画を観て、ブルース・ロビンソンに惚れましたっ!
2005/07/05 6:38 PM by ruiji
ruijiさん、はじめまして!
こちらこそコメントいただきましてありがとうございます。
この映画、ホントおじ様たちがいとしい感じですよねww
またruijiさんのブログにも遊びにいかせてくださいね♪
2005/07/07 10:37 PM by sana
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://sanaxx.jugem.jp/trackback/7
トラックバック
2005/07/05 6:34 PM
笑えて泣ける星五つのロック映画だーーーっ!!! 70年代ハードロックバンドで人気者だったオジサン達が、バンドの復活をかけて20年ぶりに ヨーロッパどさ周りツアーを行うことになり・・・。 「イテテ」って腰をおさえながら吠えるヴォーカル(ビル・ナイ)他、どの
気分はシネマニア
2006/07/03 7:20 PM
かつてはいけてるロッカー(死語。)だったおじさんたちが、バンドを再結成してロードに出るお話。このおじさんたちのバンドは、グラムロックや全盛期Dパープル、ツェッペリンのイメージ。ベルボトムに長髪、濃い化粧で退廃的な、そしてエッジの効いたギター。一世を風
ORGANIC STONE
2007/04/26 9:29 AM
  店頭で見つからず、わざわざ取り寄せてもらってまで購入したDVDは、後にも先にもこれだけ。 以下、DVDジャケより転載。 1977年、伝説の「ウィズベック野外ロック・コンサート」を最後に人気ロックグループ
    ☆☆☆ 二番館劇場 ☆☆☆